ニコチンをまずいと感じさせるチャンピックス

タバコが含んでいるニコチンは、神経伝達物質のアセチルコリンと分子構造が良く似ています。これにより、タバコを吸うとニコチンがアセチルコリン受容体に作用して、快楽物質ドーパミンを放出します。このために、気持ちの良い状態となるので、タバコが美味いと感じることになります。

そして、時間が経過してニコチンが体外へ排出されるとアセチルコリン受容体が空っぽになります。すると、ニコチンを補給させるためにノンアドレナリンという物質が放出されて、非常に不快な感情となります。この感情は、タバコを吸うと収まるのですが、これを続けていく内にアセチルコリンの生産が止まります。つまり、ニコチンが代わりとなるということです。

この用意、タバコを吸うと100種類を超える有害物質が発生するにも関わらず、ニコチンを補給せずにはいられない状態になってしまうのです。しかし現在では、チャンピックスという治療薬が開発されており、それほど苦しむことなくタバコを止めることが可能となっています。

チャンピックスはアセチルコリン受容体に、ニコチンの代わりに結合します。つまり、ふたをした様な状態となるのでタバコを吸ってもドーパミンは放出されません。このために、まずいと感じるようになるので、吸う必然性がなくなります。さらに、チャンピックスを服用すると少量のドーパミンが放出されるので、禁断症状に見舞われることもありません。つまり、吸わずにはいられないという状況が解消されるのです。

タバコを吸ってもまずいと感じる上に離れても辛いと感じなくなるので、結果的に吸わなくても大丈夫になります。厚生労働省にも承認されている治療薬であり、健康がまずい状態になる前に使用するのがオススメです。