チャンピックス使用時の倦怠感に注意とレンタカー

禁煙治療薬として名前が知られるようになったチャンピックスですが、記載されている使用上の注意は必ず熟読する必要があります。
この禁煙治療薬は飲み薬で、使用が手軽であるという点と、使用度に対しての禁煙達成率が高いことで効果をあげてきました。
喫煙者の約70%がニコチン依存症であり、ニコチンを体内に入れていないと体調に大きな変化が出てしまい、日常生活や日頃の業務に支障が出るということもあります。
その点、チャンピックスは手軽に飲めることに加えて、使用開始時には喫煙することが使用方法になっています。
禁煙治療薬を使用してもすぐにタバコが吸えなくなるわけではないことで、精神的にも大きなプレッシャーにならなくて済みます。
禁煙外来でもチャンピックスを使用している病院が多く、その効果はとても大きいことが証明されています。
その代わり、ニコチン依存と明確に診断されることや副作用について、詳細部分まで説明を受けなければなりません。
副作用には動機や倦怠感、急激な眠気、軽い吐き気やめまいなどが含まれており、椅子に座っている時はあまり問題はありませんが、車の運転はできません。
タバコが吸えないことだけでなく、体内からニコチンが抜けていくことで倦怠感を感じることもあり、気分転換にドライブでもしようとレンタカーを借りるようなことは避けてください。
また、レンタカー会社でもチャンピックスの副作用は熟知していますから、レンタカーを借りる時に禁煙治療薬を使用していないかを質問されます。
運転中に副作用の倦怠感がおきることで事故を招くことにもなりますので、虚偽の申請など絶対にしてはいけません。
健康を取り戻すための禁煙治療ですから、正しくチャンピックスを使用し、卒煙を達成しましょう。