チャンピックスは神経毒性があり肺がん発症の原因

たばこを吸うことによって、ニコチンを摂取してしまうことになります。
ニコチンは即効性のある神経毒性を含んでおり、ニコチンそのものは肺がん発症の原因とはなりませんが、ニコチンが代謝するニトロソアミンには発がん性があると考えられています。
このことから、喫煙をしている人に肺がん発症率が高くなっており、禁煙することが肺がん発症のリスクを減らす最良の方法となっています。
従来までの禁煙補助薬はニコチンを含んでいる製剤を使用することが多く、ニコチンガムやパッチが使われていました。
ニコチンの摂取を止めてしまうと、強い切望感や離脱症状を感じてしまう神経毒性があるために、たばこを止めることは難しいとされていますが、最近は禁煙薬としてチャンピックスというものが多く使用されています。
チャンピックスにはニコチンが含まれていませんので、神経毒性を感じることなく禁煙治療を行うことが可能になります。
チャンピックスは脳内の受容体と結合する作用がありますので、たばこを吸わなくてもドーパミンを放出させることができます。
一定程度のドーパミンを放出することで、離脱症状を軽減しながら禁煙治療が行える医薬品となります。
受容体を100%活性化させるのではなく、中途半端に活性化させることによって、少しずつたばこを吸う量を減らせます。
仮にたばこを吸った場合であっても、受容体にはチャンピックスが結合しているために、たばこを吸っても満足感を得ることができなくなります。
満足感が感じられないことによって、たばこを止めやすくなる効果も期待できます。
チャンピックスの購入はドラッグストアなどで買うのではなく、禁煙治療が受けられる医療機関を受診して、医師の処方によって購入する形になります。