チャンピックスの眠気の作用と禁煙フィルターの併用

チャンピックスは禁煙治療薬のひとつで飲む薬になります。
タバコを吸うと脳にあるニコチン受容体にニコチンが結合し、そこで快感を生じさせるドパミンを放出させます。このドパミンの影響から、いわゆる中毒性が発生しタバコがやめられない原因になります。チャンピックスでは、タバコを吸うことで得られるこのドパミンの快感作用を抑制させるタイプの薬で、チャンピックスを摂取することでニコチンの場合よりも少量のドパミンを放出させて、ニコチン切れの症状を緩和させ、禁煙時のイライラを軽減させることができます。またニコチンを再び摂取したさいには受容体にニコチンが結合する作用を阻害し、タバコが美味しいといった満足感を感じにくくする作用があります。
チャンピックスは、禁煙を手助けする薬であるため、100%の禁煙を達成できる薬ではありませんが、禁煙治療の基本である12週間を継続して受診した人であれば約2人に1人は禁煙に成功しています。
一方でチャンピックスの欠点としては、副作用が強く出る可能性があり、特に眠気に対する副作用が強い傾向にあります。眠気がある場合には仕事に支障を来すため、眠気の副作用を理由に服用を中止する人も多く居ます。いずれにしても医師の観察を受けながら処方する必要のある薬になります。
なお、チャンピックスはあくまでもニコチン依存に対する治療薬であるため、習慣として口元が寂しいといった場合には、何らかの対策を行うことで禁煙成功に近づけることができます。口元の寂しさ対策として禁煙フィルターや禁煙ガムを使うことで軽減することができますが、禁煙フィルターは従来のタバコにフィルターをしてニコチンをカットするもので、チャンピックスとの併用は好ましくありません。基本的にはニコチン成分がまったく含まれていない代替タバコを利用するのが無難です。